世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ティム・バートンのコープス・ブライド

観てきました『ティム・バートンのコープス・ブライド』

感想はというと、小粋でセンスのいい佳作といったところでしょうか。
悪く言えば、まとまり過ぎていて面白味に欠ける部分が無きにしもあらずですけど、大人の良質アニメといった感じで楽しめました。

それにしても、おしゃれだなぁ。
世界観といいキャラクターといいユーモアといい、上品でおしゃれで唸っちゃう。
クリエイティビティとしては、なんかこう、うらやましい。
「これが才能ってやつか」みたいな。

・・・とまぁ、この映画に付いてはさほど語ることが無い。

それにしても。
こうして映画観て酒飲んで「楽しかったなー」と思う反面、なんかこう一抹の切なさに襲われるのはアルコールのせいだろうか、それとも秋のメランコリーのせいだろうか。

楽しい時間の後には、必ずと言っていいほど、寂しい気持ちが襲って来るね。
とくに、酔っ払って理性の支配力が緩んでいると。
「ああ。なにやってんだろ、俺」みたいな。

なんというか、自分の幸せの程度って、たぶんこのくらいがリミットなんだろうなぁという無力感というか諦念にも似た気持ちになる。
たぶんきっと、自分はこうしてこのまま年老いて死んでいくんだろうなぁ・・・みたいな。
これ以上、上に昇ることなくね。
月に1回ひとりで映画観て酒飲んで幸せだなぁと思う人生がお似合いだよお前には、みたいな。

・・・などと、こうして文字にすると、なんだかすごくやさぐれた感じになっちゃいますけど、本人的にはそれほどでもないのでご心配なくというかなんというか。

人恋しい季節は、やばいよね。
もうはやクリスマスのCMとかしてんじゃねーよ。
願わくば、寂しさに心が挫けませんように。
[PR]
by kude104 | 2005-11-01 23:59 | 映画