世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

紅白の勝敗の行方に興味はない

ガケッ縁「紅白」…テコ入れ作戦テンテコ舞い(Yahoo!ニュース:夕刊フジ)

他人が右往左往するさまは面白い、というわけではないけれど、なんとなく取り上げてしまう紅白の迷走ぶり。

デジタルテレビやケータイで参加するお茶の間審査員が勝敗のカギを握る!
・・・みたいな発想は、どうだろうなぁ。
ほとんどの人は、紅白の勝敗の行方に興味はないと思う。

このへんの感覚がどうにもずれているように思えてしょうがないNHK。
ま、このずれこそがNHKの味なんだけど。

一般人の投票で紅白で聞きたい歌を決める「スキウタ」といい、お茶の間審査員といい、視聴者参加型にすれば人気が出る、あるいは、いい番組が作れると本気で思っているのかなぁ。
なんかこう、客の顔色を覗っているようにしか思えないんですよね。

こちらから歩み寄っていくのではなく、相手に歩み寄らせるのが、たぶん人気の秘訣というか、人気ってつまりそういうもんですよね。

それにしてもなぁ。
どうしてそんなに視聴率にこだわるんだろう。

たとえば、「行く年 来る年」の視聴率なんて、だれも気にしないじゃない。
「映す寺を一般投票で決めよう」とか、「どの寺の鐘の音が良かったかお茶の間審査員に判定してもらおう」とか、そんなことは思わないですよね。

いっそのこと、歌合戦を止めて、紅白演芸合戦とかにすりゃどーだろうね。
年の瀬に、こりゃまた渋い番組になりそうだよ?
[PR]
by kude104 | 2005-10-24 22:37 | テレビ