世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

失楽園

漫画「エデンの花」に「スラムダンク」からの盗用発覚(Yahoo!ニュース:読売新聞)

こういった、いわゆる“パクリ”に対する反感というのは、ぼくが思うに、他人の功績を不当に搾取することに対する反感なのだと思う。

たとえば、同じ行為でも、著作権者の許可を得てやればパクリと非難されることはない。
ということは、オリジナリティの欠如といったことに対する反感ではない・・・ですよね?

オリジナルでないものをオリジナルであるかのようにふるまうこと、それにより、「不当に報酬を得ている」「不当に名声を得ている」ことに対する反感なのではないかと思います。

ですから、件の漫画も、井上雄彦さんの許可を得ていたなら問題にはならなかったはずです。
たとえば、巻末にでも、「参考文献 スラムダンク(井上雄彦)」みたいにクレジット表記されていれば、それでなにも問題なしじゃないですかね。

いやまあ、絵のトレースといったことが「参考文献」になるかどうかは、ぼくには分かりませんけども。

そのへんのことを、漫画業界でルールを作っちゃえばいいと思うのです。
ワンカット程度のトレースなら、巻末にクレジット表記をすれば、特に断りなくやって良し、みたいに。

これだったら、参考にされることが、著作者本人にとってもちょっと嬉しいじゃないですか。
この漫画でも参考にされている、あの漫画にも参考にされている。
この漫画家ってすげぇ──みたいになりますから。

そんなことを考えますと、回収して絶版にするという、講談社の今回の対応はどうなのかなぁという気がします。
盗用先に謝罪し、改めて許可を得て、問題のない作品にしてあげるのが一番いい事だと思います。
それこそ、「作品に罪はない」わけですし。

許可を得れば済むことなのに、そうするよりも作品自体を葬った方がいい程度の作品だったとでも言うのだろうか。

まぁ、もしかしたら、許可を得ようとしたけどダメだった──ということなのかもしれませんけども。
[PR]
by kude104 | 2005-10-21 22:35 | 時事・社会