世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

映画館の客層

今日は何となくテンションが上がらない感じ。
昨日、映画を観て多少なりともテンション上がって、そのぶん今日は下がってしまったのか・・・?

そーいや、昨日の『妖怪大戦争』は、客層が非常にバラエティに富んでいた。
とりあえず、親子連れがまぁ一番多かったかな。
この客層がメインターゲットだろうから、きちんと照準合ってる感じでした。

その次に多かったのかどうかは分からないけど目立ったのは、男の一人もん。
なんかこう、マニアな感じの客層。
なんだろう、妖怪マニアとか特撮マニアとか、そのへんだろうか。
意外と栗山千明マニアとかだったりして。
・・・うーん、ぼくも多分傍目にはこの客層に分類されるんだろうな。

そして、ご年配の方もわりと多かったです。
このへんもまぁ、客層としては分かる。
おじいちゃんおばあちゃんが、若かりし頃に見た娯楽邦画を懐かしがって観るという需要にも応えられる作品でしょう。

ていうか、「若者向けの映画は、ちょっと・・・」というご年配の方には、他にあんまり選択肢が無いもんね。
これからの高齢化社会、シニア向けの映画をどんどん作って行くべきなのではないでしょうか。
日がな一日映画館で映画を観る余生ってのも、悪くないなぁ。
老人を映画館に集めよう、みたいな。

あとは、カップルもちらほら観かけたけど、若い女性の2人連れとかも同じくらいいた。
カップルはまだしも、若い女性ペアがこの映画を選択する感じが、ちょっと良く分からない。
「映画、なに観る?」「妖怪大戦争なんていいんじゃない?」「いいねー」という会話がイメージできません。
・・・あ、もしかして、神木隆之介マニアか?
なら分かる。


とまぁ、そんな感じ。
以上、ダラダラと雑感など。
[PR]
by kude104 | 2005-09-02 22:23