世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

スタッフのブログ発言、企業を巻き込む騒動に

「オタ」「きもい」──スタッフのブログ発言、企業を巻き込む騒動に(ITmediaニュース)

ブログが、パブリックスペースかプライベートスペースかというのは、なんかけっこう微妙だなぁと思います。
ぼくも、最低限パブリックスペースであるという認識で書いてますけど、でも、ここに書くことがパブリックな自分の公式のコメントである、というところまでの認識はありません。

なんというか、あくまで内輪メインのパーティ会場での歓談くらいのパブリックレベルで、TVカメラの前での公式発表ってレベルではない。

という自分にも降り掛からないとは言えないこの問題。
なので、個人的には、「そんなことで、こんなに騒がなくてもいいじゃないか」って思います。
思いたいし、思って欲しい。

だってさー、そのブログ管理人は、実際に「オタばっかりで怖くてキモイ」って思っちまったんだから、しょうがないじゃない。
もちろん、そのことをバイト中に、客に聞かれるように言ってしまったんなら、そりゃ問題だと思う。
あるいは、それがバイト先のオフィシャルブログだったら、愚かにも程があるって思います。

でも、書いたのは、自分のプライベートブログにでしょ?

うーん、なんていうかなぁ。
バイトが終わって家に帰って、自分のプライベートブログを更新しましょうっていうそんなときにでも、自分はアルバイト先の一員であるという公的意識を持って行動しなきゃならないとしたら、それって窮屈な世の中だなぁと思うのです。

そりゃまあ、まったく無関係ってわけにはいかない、とは思う。
しかも、バイト先のことをネタにするとなれば、当然慎重になって然るべきであると思う。
それはそうなんだけど・・・。

思うに、一番不可思議って言うか、「そういうの、止めにしましょうよ」って思うのは、このブログ管理人の発言について、会社に苦情を言うって行為です。

それについては、このブログ管理人もいけない。
彼(彼女?)がブログを削除するから、行き場を失った怒りの矛先が会社に向かった部分は少なからずあると思う。
もしなにかトラブルが発生したら、自分ひとりできちんと受けとめる。
それが、プライベートブログで書くって事なんじゃないでしょうか。

つまり、「会社の一員としての自覚ある行動を」ってことよりも、やばくなったときにケツまくって逃げなきゃならないようなことは書くなよ、と。
「これに批判が来ても受けとめる」という覚悟をもってお書きなさい、というほうが、プライベートの場にも公的意識を持ち込んでお書きなさいってよりも、住み心地がいいかな・・・と思います。

その一方で、会社に苦情を言いたくなっちゃうひとも、そこはぐっと堪えてちょっと考えてみて欲しい。

そういう心理を拡大すれば、たとえば、日本人が海外で犯罪を犯しましたと。
責められるべきはそのひと個人なのに、「日本人、許すまじ!」みたいに、怒りの矛先がより大きなものに向けられてしまうことになる。
戦争って、こんな感じじゃないですか。

ロザリーを殺されたことで人類皆殺しを決心しちゃうデスピサロとかも、ちょっと待って下さいと言いたくてしょうがない。

個人。
事の発端は、あくまで個人ですから。

あんまり、個人のことまでも会社に管理責任を問うような社会にしてしまうと、息苦しい社会になってしまうと思うけどなぁ。
[PR]
by kude104 | 2005-08-24 23:59 | PC&ネット