世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

価格表示ミスで注文者に一律1000円

価格表示ミスで注文者に一律1000円(nikkansports.com)

個人的な感想を言わしてもらうなら、誤表示に苦情を寄せる客の心理が分からない。
これって、そんなに腹立たしいことか?

たとえば、1万5300円のものを15万3000円で売りつけたというのなら、そりゃボッタクリだし、怒っていい。
でも、今回は別に15万3000円のものが、やっぱり15万3000円でしたというだけの話じゃないですか。

そりゃまあ、「ぬか喜びさせられた」という悔しさみたいなものはあるかもしれませんけど、そんなもん、PCの前で文句のひとつも言って終わりというのが、正常なリアクションじゃないでしょうか。

なのに、店側に一律1000円の謝罪をさせちゃうほどの苦情が寄せられるというのが、ちょっと分からない。
一人や二人ならまだしも、おそらく何百人ってひとが「誤表示、許せん!」って怒りを店側にぶつけているわけでしょ?
それってちょっと異常な感じを受ける。

控えめに見ても、何人かは誤表示であることを分かった上で注文を出し、その後、ゴネて店側から何らかの譲歩を引き出してやろうという意図でもって苦情を寄せているんでしょう。きっと。
そういう、強請り集りみたいなこと、キライだ。

たしかに、非は誤表示をした店側にあって、「ガッカリさせられた、どうしてくれる!」という客の怒りに理がある。
でも、理があるからと言っても、感じの悪いもんは悪い。

たとえるなら、中国や韓国が「先の戦争の謝罪と賠償を要求する!」と言って来るのも、理はあちらにあるんだけど、感じ悪いのに似ている。
こんな価格の誤表記騒動と同列に扱っちゃ、中国や韓国の人たちに怒られてしまうけど。

なんというか、「正しいのは私だから、あなたは私の主張を受け入れるべし。妥協は一切あり得ない」という喧嘩腰の態度が感じ悪く映るんだよね。
正義の名の元に行われる暴力と同じ臭いがする。
[PR]
by kude104 | 2005-07-15 21:07 | 時事・社会