世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

先の戦争にまつわるギャップ

「旧日本兵2人 比で生存」ミンダナオ島 引き揚げできず山岳に(SankeiWeb)

なにやら、歴史がひょっこり現代に顔を出したような眩暈感を覚えます。

『戦線から離脱したことで日本での軍法会議にかけられることを強く恐れている』って。
今の日本で軍法会議にかけられる事を恐れるっていう感覚からして、眩暈を感じるくらいに遠い。
遠いのに、歴史としてとても近い部分で繋がっている。

こうして、現役のかたがまだ生きて戦争を引きずっていらっしゃる中、ぼくらはさっさとそれを歴史の年表の中に収めてしまっているんだなぁ。
そのへんのギャップに、なんだかクラクラと来ますね。

先の戦争と言えば、最近またぞろ『靖国問題』がヒートアップして来ています。
これなんかも、戦争は終ったとする日本とまだ続いているとする中韓とのギャップである、とも言えるのかもしれません。

ただ、個人的には、『靖国問題』は外交問題と考えます。

この問題において、靖国神社を参拝することが法的にどうとか歴史的にこうとか、そういったことはあまり重要ではないのではないか。
「重要ではない」というと語弊がありますが、どちらの言い分にも一理あるので、それで白黒付けようとしても埒が明かない、といった意味で。

よく、「中韓が『靖国問題』を外交カードにしている」と忌々しげに言う人がいますが、中韓にとっての外交カードなら、日本にとっての外交カードでもあるわけで。
靖国神社を参拝することで中韓に不快感を与えるか、参拝を取り止めて中韓の態度を軟化させるかは、外交上の戦略に則って判断すべき事柄でしょう。

ぶっちゃけ、個人の思想や歴史認識なんて、どーでもいい。
それが国益に適うなら、内心と正反対の行動でも平気でやって見せるのが政治家ってもんじゃないでしょうか。

といった線で考えると、今のところ、ぼくとしては参拝を取り止める理由はそれほど無いのではないかと思っています。
止めるなら、中韓側から交換条件を引き出してから、くらいのことをやっても良いんじゃないかと。

逆に言えば、止めることが日本の国益につながるのなら、すっぱり止めればいい。
そのときに、「個人の信条だから止めない!」と言って国益を損なうようでは困る。

この問題はどうも感情論の応酬になっているようで、どなたかにきっちり国益の観点で、どっちが望ましいか論じて欲しいなぁ。
[PR]
by kude104 | 2005-05-27 23:59 | 時事・社会