世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

自動車の安全性

<交通事故>記録装置の開発者・桜井さんの死を惜しむ(Yahoo!ニュース:毎日新聞)

世の中には、笑えない喜劇性というものがある。
交通事故の瞬間を映像で記録する「ドライブレコーダー」の共同開発者として、事故原因の特定や事故防止に向けた活動をリードしてきた桜井武司さんが、交通事故でお亡くなりになったという。

なにも交通事故でお亡くなりにならなくても良さそうなものだけど。
カミサマがもしいるとすれば、けっこう皮肉家なんだろうな。

このドライブレコーダーとやら。
警視庁や国土交通省もけっこう注目しているとかで、いずれ本格的に普及するのではないかと思われます。
ていうか、もし本当に有効なものなら、自動車メーカーに全車への標準搭載を義務付けさせてもいいくらいだ。

交通事故での死亡者数は、年間7,000人オーバーってところですか。
大雑把に言えば、先の電車脱線事故70回分。
月に5~6回のペースだ。

脱線事故があれだけニュースになったのは、裏を返すと、それだけ電車の事故が珍しいということですよね。
自動車事故なんて、さしてニュースにもなりゃしない。
新型ATSを設置するまで運転を再開するな!ってくらいの危機意識があるのなら、自動車の安全性についても、もうちょっと考えてみてもいいんじゃないかと思う次第です。

かく言うぼくはペーパードライバーで、免許をとってから一度も運転したことがありません。
正直、いざ運転するとなると、かなり怖いだろうなぁと思います。
不思議と自分が事故死するイメージは沸かないので、他人を殺してしまう可能性が怖いです。

だってさぁ、日常生活で「ひょんなことから他人を殺してしまいました」なんてこと、そうそうないけど、クルマを運転するだけで、かなり有り得る話になる。
「右みて左みたら、殺してました」なんてことも、じゅうぶん起こり得る。

クルマの場合はさすがに自動運転システムなんてのは無理でしょうけど、安全性──他人を殺さない安全性──を高めるための研究・取り組みはぜひして頂きたいところです。
[PR]
by kude104 | 2005-05-04 22:00 | 時事・社会