世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

脱線事故関連記事に見るZAKZAKの軽薄さ

JR福知山線での脱線事故について。

脱線防止ガードが設置されていなかったとか、ATSが旧式だったとか、車両の設計に問題があったとか、諸々の安全対策が不充分だったのではないかという指摘がありますが。
そりゃまぁ、完璧であるに越したことはないですが、費用対効果というものもあるし、なかなか難しいよなぁと思わざるを得ません。

義援金でも集めて、「それで設置して下さい」って話なら八方丸く収まるでしょうけど。
現実的に考えれば、社員の給料下げるか、運賃上げるか、みたいな?
向こう何年間か、役員の給料大幅カットして、その金を充てますか。

どうも、現時点でのニュースを見る限りでは、『運転指令がオーバーランを確認するため、無線で高見運転士を2度呼び出したが応答がなかった(尼崎脱線事故 車掌「速度出ていた」 死者57人に Yahoo!ニュース:毎日新聞)』ってのが、きな臭いよな。

オーバーランして、遅れを取り戻そうとスピードを出していたとしても、カーブ前で減速できれば曲がれたろう。
精神的あるいは肉体的に、なにか通常じゃない状態にあったのではないか。
思えば、そもそものオーバーランからして、通常でないと言えば通常でないんだから。

なんてことを考えていたら・・・
運転士、異常行動“ゲーム脳”の特徴(ZAKZAK)
そう来るかー!!!!

いやね、もう感動的ですらある。
ゲーム脳は、大槻教授のプラズマを超えた!

いえいえこの場合、森教授はそんなに悪くない。
だって、森教授のほうからZAKZAKに電話して「これはゲーム脳です」と言ったとは思えない。
記者が森教授に電話して、「先生、なにか一言お願いしますよ」って頼んだんでしょ。

森教授にコメントを求めるってことは、それはもう「ゲーム脳」について喋れってことですよ。
森教授がどんなコメントをするかなんて、そんなもん、電話する前から予想できる。

だから、森教授としては、ただ自分に求められた役割を果たしただけ。
そりゃあ、「これはゲーム脳とは関係ありません」ってコメントも、選択肢としてないわけじゃない。
でもまぁ、これは韓流スターが「日本は好きですか?」という質問に、「大好きです」と答えるようなものでしょう。
求められる役割をきちんと演じるのが大人ってもんです。
・・・まぁ、森教授の場合、本気で「ゲーム脳です」って言っている可能性もなくはないけど。

ただね、この場合。
やはり、森教授よりもZAKZAK記者の軽薄さのほうをぼくは嫌悪する。
嬉しそうに『ゲーム脳』とか言ってんじゃねーよ。
[PR]
by kude104 | 2005-04-26 21:37 | 時事・社会