世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

福知山線で大惨事

死亡50人・負傷417人、先頭車両で4人の生存確認(Yahoo!ニュース:読売新聞)

なにしろ地元が福知山なんで、福知山線で事故と聞いたときには唖然としました。

ちょうど先の週末にうちの両親が兄夫婦のところに行っていて、今日福知山に戻るという話だったので、第一報を聞いた瞬間には「あるいは・・・?!」と覚悟してしまいました。

いやほんと、あのグチャグチャの瓦礫の下にうちの両親が埋まっているところを想像して、うわぁヤバイなぁーと思っちゃったもん。
「電話、鳴るかなー。でも、身元とか、すぐには分かんねーだろうし。ぼくの連絡先に辿りつくまでには時間が掛かるだろうなぁ」とか、そんなどーでもいいことばかり考えた。
もちろん、うちの両親が巻き込まれた可能性なんて1%くらいだろうという安心感あっての話ですが。

実際すぐに、これは乗るはずのない電車だと分かったんで、ほっと一安心でしたけど。
でも、他人事じゃないなと思いましたねぇ。

考えてみれば、自動車による交通事故なんてニュースにもならないくらいありふれて起こっていて、それで命を落とす人もいる。
ある日突然電話が鳴って、「ご両親が、交通事故で・・・」みたいな話は、覚悟しておくべき程度の可能性で起こりうるんでしょう、きっと。
だから、「いやはや、一安心」と思ったら大間違いだぞ、俺。
みたいな。

素直に考えれば、「だから親孝行しよう」みたいな話になるんでしょうけど、じゃあぼくがこれを機に親孝行に目覚めるかというと、そうはならない。
そのへんがダメなところ。
母の日も、おそらくスルーで。

まぁ、とりあえず。
これから電車に乗るときは、なるべく後ろのほうに乗ろうと思いました。
[PR]
by kude104 | 2005-04-25 21:48 | 時事・社会