世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ + SNS = ?

幸いうちはまだそういう被害は発生していませんが、ブログの普及と共に、コメント欄が「荒れる」という現象がじわじわ問題化しているようです。
昔で言えば「掲示板が荒れる」ってのと同じ話ですんで、問題自体は今に始まった事ではありませんけど。

ただ、ブログの場合、エントリーごとにコメントが付く、トラックバックが付くというのが、単なるWeb日記+掲示板とは違ったツールとしての持ち味になっているわけで。
そこが荒れる、機能しなくなるというのは、大げさに言えばブログシステムの屋台骨を揺るがす問題なのではないかと思う次第です。

コメント欄が荒れる要因のひとつが、ネットの匿名性にあることはまず疑いようがない。
だって、たとえば本名さらして「荒らす」かというと、まぁ普通は荒らさないからね。

で思うに、近い将来、mixiのようなSNS化したブログが登場するに違いない。
いやまぁ、むしろSNSがブログサービスを始めるほうが先かな。
そういう動きがすでにあっても不思議じゃない。
だってどう考えたって、この2つのサービスはくっつけるでしょ、普通。

SNSとブログが融合した場合、ブログの公開やコメント・トラックバックを許可する範囲を、SNSの外(つまり制限なしで誰でもオッケー)、SNSの内(SNSユーザのみ)、SNSの特定のユーザ(たとえばトモダチのみ、とか)といった感じで、ブログの持ち主が自由に指定できるところがミソです。

ちなみにありがちなのは、「SNSの外」って選択肢がない場合。
SNSがブログサービスをやると、どうしても「外」を許可しない「囲い込み」をやりそうなんで、ぼくとしてはブログのSNS化のほうが理想的な形になるんじゃないかなーと思うわけですが。

べつに招待制がSNSの必須条件ってわけでもないですから、たとえばサービスの利用を申し込む際に書類の提出が必要なブログサービスとか。
それだけでも独自のコミュニティになりえますよね。

だって、他にいくらでもお気楽に利用できるブログサービスがある中で、わざわざ面倒な手続きをしてサービスを利用しようって言うんですから。
しかも、ブログ上での自分とリアル世界の自分が提出した書類によって結びついているわけですから、「無責任な行動は出来ない」という自制が働くでしょう。
結果、そこはかなり「意識の高い」人々の集まりになると思われます。

そんなブロガーどうしが作るブログコミュニティって、ちょっと見てみたい。
もしかしたら、すごく水準の高いブログがたくさん生まれるんじゃないだろうか。
少なくとも、低次元なコメントで荒れることは少なくなるでしょう。

これからのインターネットには、そういう「島コミュニティの棲み分け」めいた動きがわりと出てくるんじゃないかなーなんて思います。
[PR]
by kude104 | 2005-04-14 23:16 | PC&ネット