世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「若者の人間力を高めるための国民会議」とかエラソーな件について

フリーター20万人正社員に 若年雇用問題で国民会議(Yahoo!ニュース:共同通信)

「フリーターの増加が社会問題になる」と言われてもいまひとつピンと来ないぼくですんで、この話にもいまひとつピンと来ないわけですが。
とりあえず、「若者の人間力を高めるため(の国民会議)」ってところが、気に入らない。

なんかさぁ、ニートにしろフリーターにしろ、まるで人間的に劣っているかのような言われようは、ちょっとムッとするんだよね。
他人の人生を、なんの係わりも無い人間が、良いだの悪いだの優れているだの劣っているだの勝手に決めつけるなって思う。

とはいえ世間の評価軸では、きちんと就職してマジメにコツコツ働くのが優れているとされますから、ニートやフリーターを指して「人間力(ってなんだ?)が低い」と思うところまでは、まぁ真っ当な反応と言える。
でも、「だから再教育してやる」なんて話になると、それは余計なお世話でしょ。

むろん、ニートやフリーターは収入も納税額も低いというのは紛れもない事実で、国としてそれは問題だからどうにかしましょう、良い方向に持っていきましょうという話に異を唱えるつもりはありません。
たーだァ、そこに「人間力」を持ち出すところが気に入らないって話です。

ニートとフリーターをひとまとめに語るとややこしいので、とりあえずフリーターに関して言えば、フリーターを正社員にするのなんて簡単でしょ。
アルバイトを全部正社員扱いにすれば良いだけの話です。

つまり、アルバイトとしての採用も書類上は正社員雇用にして、バイト辞めますってなったら退職扱いにすればいい。
これで、フリーターはきれいさっぱり消滅だ。

フリーターの年金・社会保険・納税の問題は、企業を通して行われるようになって解決。
フリーターの収入が低いってのは単なる賃金問題に、フリーターがいざ就職しようと思ったときに働き口が見つからないといった問題は普通の失業・再就職問題になって、より一般的な問題として扱えるようになります。

もちろん、フリーターの「人間力」についてはなんの問題解決にもなりませんが、いわゆる社会的なフリーター問題に「人間力」の高い低いなんてカンケーないでしょ。

で、そうなると、「アルバイトを全部正社員扱いにすれば良い」といっても、事はそんな簡単じゃないのだよキミ~というふうに話が進む。
なぜなら、企業がアルバイトを雇うメリットは、正社員でないところにあるわけですからね。

つまり、うがった見方をすれば、正社員を雇うより安上がりだからという企業側の思惑が、フリーターを生んでいるとも言えるわけで。
そこを問わずに、フリーターのひとの「人間力」の問題で対処しようとするのは、「なんか上手く摩り替えてるよなぁ」と思えたりもして・・・。

フリーターの人間力を問うくらいなら、企業の公益性を問うほうが近道なんじゃないかなー。
[PR]
by kude104 | 2005-04-13 22:56 | 時事・社会