世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ドラえもんからサッカー中継まで(テレ朝)

昨夜はドラえもんからサッカー中継へと、テレビ朝日三昧でした。

しかし、ドラえもん『のび太のワンニャン時空伝』は途中で飽きて見るのを止めた。
劇場で一度見たからというのもあるでしょうけど、見ていてつくづく「よくまぁ、千数百円も払ってこんなの見たよなぁ」と自分に呆れる思いです。
いや、自腹を切りでもしなければ、最後まで見る気が続かないというのが正解か。

なんかもう、程度の低さに恥ずかしくて見ていられない。
あんまり愚痴書きたかないので書かないけど、たとえば最近じゃクレヨンしんちゃんの映画がけっこう評判いいですよね。
あっちと比べてドラえもん映画が年々衰えて行く構造的原因などについて、あれこれ考えてみたりもして。

ま、リニューアルして、また勢いが戻ることを期待します。
ただ、来年は『のび太の恐竜』のリメイクだという話ですが、なんだかなぁ。
べつにリメイクそのものについての不満はないんですが、一年休んで万全の準備期間を取れる中でオリジナルへのチャレンジを見送ったところに、今後の不安を見る思いです。

それはさておき。
サッカーワールドカップアジア最終予選。

テレビ朝日のサッカー中継って、盛り上がり方というか盛り上げ方が、なーんか安っぽい感じがしますよね。
まぁ、ああいうのはある程度無理やりテンション上げなきゃいけない部分は分かりますけど。
初めて大抜擢されて、やる気が空回りしている人みたい。

個人的に、試合中のリプレイの挿入とカメラワークのアップとロングの使い方が、どうも性にあわなくてイライラしました。
「ええい、いま俺が見たいのはそれじゃない!」みたいな。

テレビもほら、デジタル放送だ双方向サービスだなんて言いますけど、サッカー中継のカメラワークが視聴者の自由にできるといいなぁと思います。
「ここはロングで全体の状況を見たい」とか、「ここはアップで選手の動きに注目したい」とか、「今のプレイをもう一度詳しく見たい」とか、視聴者それぞれが自由に選んで見られると面白いし、邪魔されずに観戦できていいんじゃないでしょうか。

“仮想化現実”技術により選手の視点でサッカー中継を(INTERNET Watch)

これなんかも、そういう意味でなかなか面白い話ですね。
選手の視点で試合を見たらどんな映像になるんだろうと考えると、かなりワクワクします。
10年後には見られるかもしれませんね。楽しみです。
[PR]
by kude104 | 2005-03-26 21:48 | テレビ