世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

cookieはキライです

ユーザーの58%がcookie削除――Web測定の正確性に影響も(ITmediaニュース)

ぼくも普段はcookieをオフにし、使用時にもブラウザを閉じた時点で保存されたcookieはすべて削除する設定にしているくらい、アンチcookie派です。

これでプライバシーを守ったつもりになっているわけではありませんが、なんか自分の知らないうちに、自分の行動履歴データが勝手に自分のPCに蓄積されて行くってのが、イメージ的に気持ち悪いもんですから。
必要のないデータは、片っ端から削除したい性質なもので。

個々のcookieデータが何に使われて自分にとってどういうメリットがあるのかが簡単に把握・コントロールできるのであれば、それに越したことはないんですけど。
出来ない以上、一括ブロック&削除がベターかなと思っています。

中には、cookieをオンにしていないと利用できないサイトもあります。
専用ページへのログインを伴うような場合はまぁしょうがないとしても、普通に閲覧するときにも、cookieをオンにしなければ閲覧できないサイトなんてのも、稀にあります。
トップページにアクセスしたら、「cookieをオンにして下さい」ってなページに飛ばされる類いの。

そういう場合、わざわざcookieをオンにしてアクセスしなおす──なんて労力を費やすはずもなく、とっととその場を離れるわけですが。
これが企業のサイトだと、ほんと「馬鹿じゃなかなろうか」と思いますね。

「cookieはもはや基本機能で、オフにしている人間が不都合を被るのは自業自得だ」という理屈も分からないではないですが、出来るだけ多くの人間に利用してもらえるように設計するのがサイト作りの基本だろうと思うわけです。

cookie使って何やってるか知りませんけど、どうせユーザのアクセス動向を把握したいとかその程度のことでしょ?
それは、通常の基本的な閲覧サービスを犠牲にしてまでやることじゃない。
優先順位を激しく間違っているとしか思えません。
それで客を逃がしたら、自分が損するだけじゃないか。

JavaScriptとかActiveXなんかもぼくは標準でオフにしているんですが、こっちはこっちで、オフのときに何も表示されないケースがしばしば見られます。
せめて、「JavaScriptをオンにして下さい」などと表示されれば、「あ、JavaScript使っているんだな」と分かるんですが、なにも表示されないと、それが通常の状態だと思ってしまいます。

結果、「欲しい情報がない」とか、「メニューが表示されず、移動できない」といった不都合が生じるわけですが、そういう不都合が生じていることにすら気付かず、「スカスカのサイトだなー」と思ってそれで終わる場合も、なくはない。

とまぁそんな感じで、やたらとデザインや機能に凝るのはいいんですが、それ以前に、最低限の使い勝手というか情報提示は確保して欲しいなぁと思います。

ただ、あれです。
サイト作ってる人間からしてみれば、スタイルシートを使ってない人間にまでは配慮できねぇよ。
もちろん、スタイルシートが機能しない場合でも、最低限、閲覧に支障が出ないように気をつけるのは当然としても、やっぱりほら、スタイルシートってデザイン面に直結する部分が大きいじゃないですか。

以前、友人のPCで、スタイルシートが機能しない某ブラウザで自分のサイトを見て、かなり切なかったです。
「ブログのデザインはみんな同じだと思っていた」とその友人は語っていましたが、それを聞いて、「どのデザインが見やすいかなぁ」と試行錯誤した自分の姿が、走馬灯のようによぎりましたね。

いやあ、ネスケって怖いなぁ。
[PR]
by kude104 | 2005-03-18 19:09 | PC&ネット