世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

うまい棒を一つ買う感覚で

世界長者番付:11年連続でビル・ゲイツ氏1位(MSN-Manichi INTERACTIVE)

5兆円の資産を持つビル・ゲイツ氏にとっての100万円は、5000万円の資産を持つ人間の10円と同じ価値──といったネタをネットで見かけて、改めてそのスゴさに驚きました。
曰く、
一般人が自動販売機でコーラの1.5リットルボトルを買う感覚で、ビルゲイツはマンションを買える。
一般人がうまい棒を一つ買う感覚で、ビルゲイツは車一台買える。
などなど。

ぼくに置き換えればもう一ケタくらい上がって、ビル・ゲイツ氏のマンションはぼくのうまい棒レベルでしょうか。
とんでもない話だな。

テレビなどでたまに見かける金持ちって、無造作に高級品を買い漁っている人が多くて、そういう金の使い方は「成り金的で趣味が悪いなぁ」と思っていたんですが・・・。
ぼくらだって、うまい棒を買うのにいちいち金の使い道を考えたりしないのと同じレベルの話なんだと思うと、もはやぐうの音も出ない。

ここまでくると嫉妬もやっかみも超えて、まさに別世界のお話としか思えません。
ビル・ゲイツ氏の金銭感覚で世の中を見ると、どんなふうに見えるんだろうなぁ。
「コーラの1.5リットルボトルの代金が払えずに自殺する人」とかそんな感じだろうから、1000円も払えば人間の生死を簡単に左右できる感じでしょうね、きっと。

ぼくらもその気になれば、いわゆる「発展途上国」へ行けば、それと似たような感覚を味わうことが出来るんだろうけど。

収入が違えばモノの価値も違うという、考えてみれば当たり前の話に、ちょっと世の中の真実を垣間見た気分。
[PR]
by kude104 | 2005-03-17 18:57 | 時事・社会