世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

放送と通信の融合

記者の目:フジテレビとライブドアの争い=中島みゆき(MSN-Mainichi INTERACTIVE)

ライブドアのニッポン放送株大量取得にまつわって、「放送と通信の融合」と言われてもいまいちピンと来なかったんですが、この記事を読んで少しなるほどと思いました。

通信(ネット)で放送(メディア)を扱うことを認めると、「日本では国民の希少な電波を使うという前提の下、限られた事業者に放送免許が与えられている」という部分が揺らいでしまうわけだ。
つまり、メディア側にとってこれは、独占権を失い既得権益を失う危機ってわけだ。

だから、メディア側が「放送と通信の融合」という場合、どうしたってネットをメディアの補助的に使うことしかできないんだね。
「放送番組をネットで配信する」みたいな、自ら放送と通信の垣根を取っ払うようなことはできない。

「携帯電話とテレビとの融合を図り、視聴者がリアルタイムでクイズ番組やゲームなどに携帯を使って参加できるようにする」(フジテレビ、IT融合新会社を今月中設立 Yahoo!ニュース:日刊スポーツ)
・・・この程度が精一杯でしょう。

となると、「放送番組をネット経由で観る」なんて未来を実現するためには、なるほど確かにライブドアの言うとおり、外部の人間でなくては難しいだろうと思えます。

ま、いずれにせよ、広告料に頼る現状のテレビ制作は、この先どんどん難しくなるでしょうね。
チャンネル数が増えれば、それだけ視聴者が分散し、番組1本あたりの広告価値は下がる。
番組をデジタル録画して観る人が増えれば、CMはカットor早送りされ、広告価値はさらに下がる。
時代は確実にそっちの方向に流れて行くでしょうから、今のやり方がはたしていつまで続けられるのか、実はけっこう先行き不透明なんじゃないかと思えます。

それでも、テレビ業界はどうにかこうにか生き残れるだろうからまだいいとして、問題はCM業界じゃなかろうか。

制作会社ももちろんヤバイですけど、タレントだってけっこうヤバイでしょ。
CMのギャラがなくなり、仕事の場がなくなることで、職にあぶれるタレントが増え、芸能人大量リストラなんてことになったりして。
少なくとも、CMタレントは確実に大量リストラですね。

フジテレビとライブドアの戦いにもっとも戦々恐々とすべきなのは、じつは彼らなのではあるまいか──などと思ってみたりして。
[PR]
by kude104 | 2005-03-04 20:04 | 時事・社会