世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

明日観る映画

そうか。今日で2月は終わりなんだ。
というわけで、明日の映画サービスデーに見る映画を選ばねば。

今回の主軸は『セルラー』でしょうか。

高校教師ジェシカは突然、自宅に侵入した見知らぬ男たちに拉致される。監禁された部屋には粉々になった電話が一台。電話線を復旧させ、やっと繋がった相手は全く知らない若者ライアンだった──公式サイトより。

なぜ自分は拉致されたのか、この状況からどうやって脱出するかというサスペンスに加えて、ポイントはやはり「助けを求める電話の相手」ですね。
修理が不完全でリダイアルできず、切られたらおしまいという状況で、つながった相手は能天気ないまどきの若者。
イタズラ電話と思って切ろうとする彼に、どうやってこの状況を理解してもらうのか。
また、若者は電話の会話の情報だけから、どうやって彼女を救い出すのか──といったあたり、考えるだけで面白そうです。

次いで気になるタイトルは、『Uボート 最後の決断』です。

「潜水艦モノ」というのは、それだけで「限定された密室空間と人間関係」「いつ沈むとも限らない死の恐怖と隣り合わせ」「戦争の中の個人」といった面白さを備えた素材で、まぁ料理の仕方を間違わなければ不味くなるはずがない──と個人的には思っています。

この作品が数ある「潜水艦モノ」のなかでも「面白そうだな」と思うところは、「敵味方が協力してUボートを動かす羽目になる」ところです。

ドイツ軍潜水艦Uボートに捕虜として連れ込まれた米軍潜水艦の乗組員たち。
敵同士である両軍兵士たちは当然互いに激しく憎悪し合うわけですが、そんなとき、Uボートに伝染病が蔓延し、乗組員が激減してしまいます。
Uボート艦長は、生き残るために敵である捕虜をクルーに加える決断を下すのだが──。

生き残るために敵と手を結ばなければならない、しかも、それによって本来味方であるはずの友軍から狙われる羽目になる。
敵が味方に味方が敵に──みたいな逆転のシチュエーションが面白そうです。

そしてきっと、敵同士いがみ合っていた男たちが、運命共同体となって生死を共にすることで固い絆で結ばれるようになり、でも最後、本来の敵味方としての立場をつき付けられた時にさあどうするか──みたいなドラマがあるんでしょう。

ただ心配なのが、この映画の位置付けが「低予算のB級映画」とされていることです。
ま、そのへんのギャンブル性もそそるわけですが。

あとは、『ボーン・スプレマシー』なんかも面白そうですが、前作観てないからなぁ。
とりあえず、この2本で決まりかな。
[PR]
by kude104 | 2005-02-28 19:22 | 映画