世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ゲームの雑誌連載なんてどう?

漫画の雑誌連載のシステムをゲームに持ち込んだら、面白くないかなーとふと思う。

通常、ゲームはオープニングからエンディングまですべて完成してからリリースされますが、これをたとえば月刊連載の形で小出し小出しにリリースしていくわけ。

で、そんな連載ゲームを10本ほどまとめて一冊の雑誌にして販売する。
さらに、連載が無事にエンディングまで到達した作品は、単行本化よろしく、1本の通常のゲームソフトの形にまとめて販売すると。

ゲーム制作って、完成しなければゼロと同じ、みたいなところがありますよね。
しかも、開発期間は長いし、開発コストも大きいので、けっこうギャンブルです。
その点漫画の雑誌連載→単行本化のシステムって、上手く出来てるなぁと思うわけです。

連載形式なら、従来で言うところの「開発中」の段階で、いくらかのお金を回収できます。
加えて、「開発中」に人気のあるなしがある程度分かりますんで、これは売れないとなれば早々に打ち切ることで、被害を最小限に抑えることもできるでしょう。

また、複数の作品を一冊の雑誌という場にまとめてリリースすることで、わりと保険が利くというか、ひとつふたつコケても他が売れてくれればなんとかなる、みたいな安定感も得られます。

ユーザにしても、月々数百円で面白いゲームがいくつも遊べれば嬉しいんじゃないだろうか。
従来どおり「単行本」だけ買うという人にとっても、このシステムが上手く回って多少なりともゲームソフトの値段が安くなれば恩恵を得られます。

それに、普段なら手に取らないようなゲームも、雑誌に連載されてりゃ「ちょっと遊んでみようかな」という気になるでしょうし、それで「面白いじゃん」となれば、ユーザにとっても作り手にとってもメリットは大きい。
RPGやADVを長中期連載とし、読み切り的にアクションゲームやシューティングゲームなんかを扱えば、けっこう面白いんじゃないかと思います。

ま、実際にやるとなると、いろいろ難しいでしょうけど。
むしろ、雑誌をネット配信のフリーペーパーにして、そこにアマチュアのフリーゲームを連載し、最後に単行本化したものをシェアウェアとして販売するなら、多少は実現性もあるかな。
いずれにしても、あまり儲けは出なさそうですけど。
[PR]
by kude104 | 2005-02-23 22:17 | ゲーム