世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

笑えないって、「笑いと健康推進事業」

“お笑い看護師”養成 大阪府、漫才師ら指導(Yahoo!ニュース:共同通信)

どうも大阪は「お笑い」でなんとかしようとする傾向が見られます。
大阪だからと言って、なにかにつけて「お笑い、お笑い」と言われてもなぁ。

「笑い」が健康にいいのは認めるとしても、税金使ってやるようなことでもないでしょうに。
そんなもんで「お笑い」が身に付きゃ、誰も苦労はしないって。
むしろ、指導を受けた看護師や福祉職員らによって、医療や福祉の現場に笑えない「お笑い」が蔓延しやしないかと心配です。

そんなことよりも、看護師や福祉職員の数を増やすとか、手当てを厚くするとか、職場環境を整えるほうが先でしょ。

働く人間にゆとりが無ければ、「お笑い」なんて無理に決まってます。
ゆとりがあれば、患者さんとも大らかな気持ちで接することができるでしょうし、細かなことにも気を配ることができます。
結果、いいコミュニケーション関係が築けるってもんです。

「お笑い」の指導が、一段と看護士さんたちの負担を増す結果にならなければいいですけど。
[PR]
by kude104 | 2005-02-09 18:56 | 時事・社会