世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

血を流すマリア像

血を流すマリア像:人間では解明できない奇跡!(MSN-Mainichi)
昨日の今日でこの話題というのが、自分の中でちょっと面白かったりするわけですが。

よく、「この世には、科学では解明できないことがある」なんてことを言いますが、世の中には、まだまだ科学で解明できていないことのほうが多いわけですから。
科学で解明できない事象があること自体は、べつに驚きでもなんでもない。

「血を流すマリア像」にしても、科学的なアプローチがまったく不可能な事象なのか、それとも、いずれは科学で解明できるだろうけど、まだその理論体系が発見されていないのか、あるいは単に観測データが不足しているだけなのか・・・。
もし「神の奇跡」であることが科学的に証明されたのだとしたら、そりゃ驚くけど。

ま、とりあえずここは「オカルト」で話を進めるにしてもですね。

調査結果によると血は男性のものだったそうですが、それを素直に受けとめると、「え! マリア様って男だったの?」となりはしまいか。
なるほど、それなら処女受胎なんて話が出てくるのも頷ける・・・なんてことに。

はたまた。
「神の奇跡」というけれど、「血の涙」なんて、イメージ的には「悪魔の仕業」に近いような・・・。
本当に「神の奇跡」かどうか分からないものを有り難がって、宗教的に大丈夫なんでしょうか。

仮に「神の奇跡」だとしても、「いったい何がしたいんだ?」という疑問が生じます。
おそらく何らかのメッセージなんでしょうけど、だったらもう少し分かりやすいパフォーマンスをお願いしたいものです。
マリア像に血の涙を流させて、「どうだ、畏れよ」と言いたげな神様って、なんかスケール小さいと思うんですけど。

などなど。
考えれば考えるほど、「神の奇跡」と呼ぶのは躊躇われます。

いや、だから「イカサマだ」といいたいわけじゃなくて、「不思議」は不思議として不思議がっていればいいんじゃないかなぁと思うわけで。
安易に「神」を持ち出すのは、神の安売りになる危険がありますから。

でもって、「不思議」に対して堂々と「分からない」と言える科学ってステキ。
[PR]
by kude104 | 2005-01-27 21:38 | 時事・社会