世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「負け犬」に見る男女の違い

30代独身女性の4割が「負け犬」?(ITmediaニュース)

男女とも結婚していない理由として、「運命の人に出会わなかった」「興味の対象が合う人がいなかった」「相手を見つける機会がなかった」「性格の合う人がいなかった」などと挙がっていますが、見事に自分以外のところに原因を置いているのが面白い。

もちろん間違いじゃないですけど、運命の人に出会える確率は、なんとなく本人の魅力に比例するような気がしないでもない。

それはさておき、結婚相手を選ぶ際に重視する点についてですが。
こういう「理由をいくつか挙げて下さい」みたいな質問をすると、人間、だいたい1~2番目は建前というか「そんなの当たり前だろう」というものを挙げるものです。
本音は3番目以降に現れると見ていいでしょう。

そう思って、結婚相手を選ぶ際に重視する点を見てみると、男性は「興味の一致」(39%)「容姿」(31%)、女性は「経済力」(64%)「金銭感覚の一致」(59%)となっていて面白い。
これを見ると、30代独身女性が自分のことを「負け犬」と言いたくなる気持ちも、分からないではありません。

男性は基本的に年齢が増すごとに経済力が増しますので、30代40代と進むにしたがって、結婚のチャンスは増えることになります。
一方女性は、基本的に年齢が増すごとに容姿が衰えますので、30代40代と進むにしたがって、結婚のチャンスが減ることになります。

・・・まぁ、実際のところは、女性にしても容姿ってそんなに重要じゃないとは思いますけど。
ただ、男性が経済力が大きな武器になるのに対して、女性にはそういうものがないところが、男女の差として興味深いですね。

でも、なんだかんだ言って一番の「負け犬」は、貧乏な男ですから。
ていうか、中年の貧乏な独身男って、きっと「負け犬」どころか「無価値」扱いですよ。
[PR]
by kude104 | 2005-01-17 19:12 | 時事・社会