世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

努力の「努」は「奴隷の力仕事」

努力すればなんとかなると思っているキミへ

なんかハイテンションで読みづらい文章だけど、要するにまぁ、「努力したって無駄。今を楽しめ」ってことが言いたいのだろう。
「努力すれば夢は叶う」って言いたがるひとと同じだけ、こーゆーこと言いたがるひと、いるよねー。

「今を楽しむ」を本気で実行するなら、宵越しの銭など不要なわけで。
明日のことなど考えず、持てるお金は今日すべて使ってしまえ。
そうして今日を精一杯楽しんで、明日飢え死にするなら本望だろう。
それができないなら、そりゃ嘘なんじゃない?
自分ができないことを他人にアジテートするのはよろしくない。
(いや、ほんとに宵越しの銭を持たない生き方してるなら天晴だけど)

「努力すれば夢は必ず叶う」ってのも、「努力しても夢は叶わない」ってのも、目くそ鼻くそ。
五十歩百歩。
表裏一体の嘘だね。
正しくは、面白くも何とも無いけど、「努力して叶う夢もあれば、叶わない夢もある」ってだけ。

努力したって叶わない夢に向かって努力するのはたしかに馬鹿だけど、努力すれば叶う夢を努力しないで諦めるのも馬鹿に違いない。
つまりなにが馬鹿かって、努力すれば叶うか叶わないか、その見極めができない人を馬鹿という。

配られたカードでは絶対にロイヤルストレートフラッシュなどできないのに、やろうとするのは馬鹿だ。
でも、配られたカードでどうにかできる役を考え勝とうと努力するのは馬鹿じゃない。
結果的に役ができずに負けてしまったとしても、それすなわち馬鹿ということにはならない。

未来は不確定(あるいは未知)なのだから、役ができるかできないかも不確定だ。
ならば人間にできることは、役ができるほうに賭けるか(賭けるならいくら賭けるか)、降りるか、その決断でしかない。
勝算の見積もりと、どの程度の勝算があればいくら賭けるか、その判断の良し悪しが頭の善し悪しと言えるだろう。
なんでもかんでも勝負するギャンブラーと、なんでもかんでも降りるギャンブラーは、等しく馬鹿だ。

だいたい、なんでみんなそんなに無駄なことを嫌うのだろう。
無駄というなら、生命というもの自体が壮大な無駄じゃないか。
どうせ人は100年くらいで死んじゃうし、人類だっていずれは絶滅するだろうに。
ほんのいっとき楽しいからって、それに何の意味がある?って気持ちにはならないのだろうか。
あるいは無駄な人生だと思うから、せめてうたかた楽しい気分でいたいのだろうか。
[PR]
by kude104 | 2010-11-23 19:16