世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今の選挙システムってどうなの?

どうも選挙というシステムは、現状あまり上手く機能していないんじゃないかと思えてしょうがない。
選挙が有効に機能するためには、適正な規模というものがあるような気がする。

有権者が候補者について、能力や人となりをある程度把握できる規模というのは、どうも「町の選挙」くらいが限界であるように思う。
政策の良し悪しやその軽重についても、きちんと判断できるのは、どうしても「身近な問題」に限られるだろう。
天下国家百年の計でもって国政を考え投票するというのは、無理がある。

きちんとした判断材料を持ち得ない中で行われる投票は、決め手がフィーリングにならざるを得ないので、要するにまぁ人気投票みたいなものになってしまうだろう。
あるいは、「親の地盤を引き継いで」「うちは代々〇〇党支持」みたいに固定化する。
これで有能な政治家が選出されることを期待するのは、無理な話だ。

政治家に必要な能力というものがあるとして。
おそらく、それと選挙に勝つ能力とは全く別のものだろう。
選挙が有能な政治家を選出するための仕組みであるならば、当落は政治能力の有無によって決まるべきだが、当落を決める有権者が候補者の政治能力をきちんと判断できないので機能しない。

よって、選挙を行うにあたっては、候補者の政治能力についての情報を可能な限り有権者に提示しなければならないものと考える。
「それは有権者が自ら判断してください」というには、こと国政選挙は「規模の限界」を超えているのだ。

今あちらこちらで日本の問題点がさまざま指摘されているが、それらを抜本的に改革するには、結局のところ良い政治を行う他なく、そのためには良い政治家を選出する他なく、そのためには選挙制度を改革する他ないのではないかと思う。
良い政治家さえ選出できれば、時間はかかっても、さまざまな問題は解消されていくだろう。
[PR]
by kude104 | 2010-04-16 22:32 | 時事・社会