世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「朝鮮学校だから」という理由での除外はダサい

ニュー速で暇潰しブログ 朝日 「朝鮮学校が北朝鮮と繋がってることは事実だ。が、除外はやはりおかしい。差別する理由はない」

高校無償化法案の目的が、「高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を図り、もって教育の機会均等に寄与する」ことにあるのなら、「北朝鮮とつながりがあるから」といって除外するのはおかしかろうと思う。

とはいえ、予算の都合上、地球上のすべての子どもの教育の機会均等に寄与することはできない。
なので、どうしても、どこかに「適用する」「除外する」の線引きをしなければならない。
問題は、その線引きをどのように行うかだ。
線引きをすることが差別なのではなく、差別的な線引きをしてはいけないと言うことだ。
それで言えば、「朝鮮学校だから」という線引きは、ぼくの印象としては少々差別的に思える。

高校無償化法案の目的には、「誰の」という部分が明示的に書かれていないが、これはおそらく、暗黙的に、「日本国民の」と考えて良いだろう。
であれば、公立だ私立だ朝鮮学校だということではなく、「日本国籍を有する子どもの学費を無償化する」という方向でまとめればよいのではないかと思う。
これだと、議論の焦点が「北朝鮮人差別」ではなく「外国人差別」になる懸念はあるけど、大きな枠として、日本政府(そして日本国民)が費用負担して支援しましょうという対象が日本国民に限られることは、別段おかしなことではない。
日本国憲法の対象が日本国民であるのだから、日本国憲法に基づく「教育の機会均等」が日本国民に対して成されるのは理にかなっているように思う。

心情として朝鮮学校を除外したい気持ちはわかるが、それを行うのに、まんま「朝鮮学校だから」というのでは、あまりに幼稚すぎるだろう。
たとえば、対象を「学校教育法で定める1条校」とするだけで朝鮮学校は外れるんだから。
「それだと中華学校も外れるから」みたいなことは、知らん。
[PR]
by kude104 | 2010-03-08 18:36 | 時事・社会