世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ゲーム漬けの子どもたち、ゲーム任せな親たち

山陰中央新報 - ゲーム漬けの子どもたち 読書や会話のある生活を

言いようには、たぶん作為的な(あるいは思い込み的な)嘘・大げさ・紛らわしいが含まれているけれども、問題提起としてはわりと真っ当なのかな、と思う。
思うけれど、「ノーテレビ・ノーゲーム」でどうにか出来るとも思えんのだなぁ。

問題の核は、「子供の学習経験をいかに豊かにするか?」というところにあるだろう。
学習経験の元が「ゲームばかり」「メールばかり」になっていては、そりゃ健全な発育は期待できない。
ただ、ここで重要なのは、おそらく「ゲームばかり」「メールばかり」もまた、原因ではなく結果なのだということだろう。

子どもがメディア漬けになるのは、メディアが“ある”からではなく、メディアの他に娯楽なりコミュニケーションが“ない”からメディア漬けになるのだと思う。
だから、ただ「ノーテレビ・ノーゲーム」を実行したところで、大元の原因である“ない“ものがないままなら、意味はない。
まずは、親が子供の相手をするのをさぼって、メディアに任せっきりにしていやしませんか、と。
そこを問うところから始めなきゃならんだろう。
で、「確かに任せっきりにしていたわ」と親が自覚して初めて、「じゃあ、メディアへの依存を減らしてみましょう」というのが意味を持つのだと思う。

それと、テレビやゲームの娯楽性の強さを甘くみてはいけない。
これらは、その道のプロたちが「どうすればもっと夢中にさせられるか」を日々研究して研究して世に送り出している代物だから。
そんなに簡単に「ゲームやケータイより、家族や友だちと外でいっぱい遊んだ方が楽しい!」なんて子どもが言うと思ったら大間違いだ。
娯楽なめんなよ、と。

なので、テレビやゲームに対抗するのではなく、テレビやゲームをコミュニケーションのネタとしてうまく活用することを考えた方がいいだろうと思う。
子どもがゲームが好きなら、一緒にゲームをやってみるのはもとより、一緒にゲームのキャラクターの絵を描いてみたり、「次、どんなゲームを買うか」を一緒に考えたり、ゲームのごっこ遊びをしてみたり、一緒にオリジナルゲームを考えてみたり。
ゲームで遊ぶ時間を制限する一方で、こうした遊びを行うことで、ゲーム好きの子どもの世界を上手に広げてやれるんじゃないだろうか。
相手の好きなことに興味と関心を持つのはコミュニケーションの基本だと思うので、子どもの好きなことに親が興味と関心を持つのは必要なことだと思う。

ま、そうは言っても面倒くさいからね。
お手軽に「ノーテレビ・ノーゲーム」で良しとしちゃうのも、分からないではない。
[PR]
by kude104 | 2009-12-08 17:56 | 時事・社会