世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

昨日の補足、みたいな~

昨日の書き込みにコメントもらっちゃったので、感謝の気持ちも込めて、ちょっと付け足しておこうと思います。

昨日の書き込みは、もしかしたら「ソンナコトナイヨ」と気を使わせちゃうかな?という気もしつつ書いたんですが、もちろん、そんなふうに気を使って頂く必要は全然ありません。
ぼくの場合、たいてい、自分の中で決着が付いたことしか表に出さないので、ああやって書いたということは、本当にもう「平気」なんです。

ほら、やっぱり人間って本当に「ツライ」ときにはなかなか「ツライ」とは言わないでしょ。
世の中、「大丈夫」という人ほど実は大丈夫じゃなかったりするもんです。

というか、それ以前に、反響が思ったほどなかったことに対しても、それほどガッカリしたわけじゃないんです。
それこそ、アクセスカウンターを初めて付けたときのガッカリ感のほうがダンゼン大きかったし、そういうことも経験して今に至ってますんで、「あ、やっぱりこんなもんね」くらいでした。
それに「反響がなかった」と言って、これだけコメントもらえてたら十分だろ、という話ですし。

喩えるなら、宝くじで一億円当たったらいいなーと思っていたら一万円が当たって嬉しいんだけどちょっとガッカリ、みたいな感じでしょうか。

とまぁ、そんなふうに気を使わせちゃうかな?と思いつつも書いたのは、あとで読み返したときに「そういや、そうだったなぁ」と懐かしむためと、これからブログを始めようという人に、「反響なくてもガッカリしないでね、それが普通ですよ」というメッセージになればと思ったからです。

あとはなんというか、「ツールの面白さ」について思うことがあったというか。
ツールによって、理屈の上では "どこまでも行ける" 力が手に入り、だから、どこまでも行ける気になるわけですが、でもやっぱり行けるのは、自分の身のほどに応じたところまでなんだなぁと。
そういうことを改めて実感して、面白いなと思ったわけです。

ブログブログといっても、やっぱりただのツールだったと。
もちろん、ツールとして便利で面白いものだというのは間違いないですけど、これがあれば自分が何者かに成れるというものではないですね、当たり前だけど。
ありのままの自分が出るだけです。


あとはまぁ、それに関連して、こういうWeb日記みたいなものは、書き手の動機というかモチベーションがフクザツなところがありまして。
基本的には自己満足なわけですが、100%自己満足ならWebで公開しなくてもいいわけで。
公開する以上、読む人を楽しませたいという気持ちがありますし、自己顕示欲みたいなものも当然あります。

しかし、こうした "パフォーマー" としての満足感は、Web日記ではなかなか満たされない。
それは、受け手の反応を実感として感じる術に乏しいから。
だから、アクセスカウンターとかコメントとか、そういうのに過剰に反応してしまうんですねぇ。
でも、結局そういうところからモチベーションを得ようとしても、続かないんですけど。


とまぁ、そんな感じです。
本当に、いまのぼくはアクセス数が日々10ほどあれば機嫌よく更新し続けていられるくらいにレベルアップしていますんで、皆さん、「リアクションせねば」とか思わなくて大丈夫ですよー。
[PR]
by kude104 | 2004-11-29 22:34 | PC&ネット