世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログについて

ブログを始めて1ヶ月半ほどになりますが、最近になってようやく慣れてきた感があります。
使い勝手だけでいえば、それこそ3日もあれば慣れますが、そういう実務的な話ではなく、ブログに対する "期待" が薄れるのに、まぁこれくらいかかったという話です。

ブログには「コメント」や「トラックバック」といった機能がありますので、ブログを始めると、よりたくさんの反響があるだろうとか、もっとたくさんの人に読んでもらえるだろうとか、そういうことを期待してしまいます。
もちろん、ぼくとてネット生活長いんで、現実がそう甘くないことは百も承知していますが、それでも心のどこかで期待していたわけですよ。

で、実際には、案の定、思ったほどじゃなくてガッカリしたと・・・。
この「ガッカリ」が、「これが普通なんだ」という認識に変わって、心のどこかでも期待しなくなるまでに1ヶ月くらいかかったという話です。

これって、初めてWeb日記にアクセスカウンター付けたときの感じにちょっと似ています。

アクセスカウンターも、ある種、自分の "器" を思い知らされる残酷マシーン的な側面がありますよね。
ぼくの場合、どう頑張っても自分が楽しませることが出来る規模は数十人レベルだという事実を受け止めるのに、けっこう時間がかかったもんです。

考えてみれば、学生時代、べつにクラスの人気者でもなかった人間が到達できるレベルとしては、まぁ十分だろうと思うわけですが、ほら、ネットには「今日からあなたも人気者!」みたいな "ネットドリーム" がありますから。

ブログの場合、それが「アクセスカウンター」+「コメント」+「トラックバック」のトリプルアタックで思い知らされるわけですから、「ブログを始めたはいいけど、すぐにやめちゃうひとが多い」というのも頷けます。
可能性が大きければ大きいほど、それが満たされないときの落胆も大きくなりますから。


・・・なんだか人気の出ない自分のブログへの愚痴のようにも受け取れますが、そんなつもりじゃありませんことよ。
なんというか、それが「ある」から、逆に「ない」ことに苦しむ・・・みたいなテツガクを、久々に実感したなぁというお話です。

ま、男子校でカノジョがいないのと、共学でカノジョがいないのとでは、どっちが切ないか・・・みたいなことですな。
[PR]
by kude104 | 2004-11-28 18:27 | PC&ネット