世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

iPhoneのその後の所感でも

当初の「うわー、すげー、たのしー」という感じは沈静化して、今はふつーに使ってます。
ふつーに便利です。

iPhoneの前はWILLCOMを使っていたんですが、WILLCOMはほとんど必要最小限の連絡用にしか使っていませんでした。
なにせぼくの使っていたWILLCOM端末ってば、ゴツくて重くてかさ張るから、できるだけ持ち歩きたくなくて。
外出の時も、1~2時間程度なら、持ち歩かなかったくらいです。
それに比べれば、iPhoneはずっと軽くてスマートだから、今じゃ気軽に持ち歩くようになりましたね。

持ち歩くようになって、写真も気軽に撮るようになりました。
デジカメもいちおう持っていたし、もちろんWILLCOM端末でも写真は撮れたのですが、やはりどちらも持ち歩くのが面倒で。
携帯端末というものは、本当に携帯しやすさ、携帯したくなる気分ってのが、大切だなぁと思います。
そして、携帯するようになると、やはり行動が変わってくるものなんですね。

WILLCOM端末がゴツくて重くてかさ張っていた理由の半分くらいは、収納式のキーボードが付いていたからなんですが。
このキーボードがまた使いにくくて。
「キーボードがない代わりに軽くてスマートなiPhone」と思ったら、そのiPhoneのほうが断然文字の入力もしやすいんだから、笑っちゃう。
なんのためのキーボードかと。

iPhoneも当初は入力し辛かったんですが、慣れれば全然問題ないですね。
例のフリック入力というやつも、まだ考えながらモタモタ入力しているレベルですが、それでもWILLCOMキーボードよりは入力しやすく感じています。

WILLCOM端末では文字入力が面倒だったために、メールもウェブブラウジングも億劫で、必要な時以外ほとんど利用しませんでした。
スマートフォンなのに意味なしですよ。
一方iPhoneだと、これまた気軽に利用しています。
家にいても、PC起動させるのが面倒な時は、iPhoneでウェブにアクセスしたりしちゃうくらいに。

逆に、iPhoneよりもWILLCOMのほうが優れていたように感じている点は、電話の音質でしょうか。
これはWILLCOMが良いというより、iPhoneが悪いのだと思いますが。
悪いと言っても別に通話に支障はない(聴き取り難いというわけではない)ので特に不満点でもないのですが、ここはWILLCOMに軍配を上げておきます。

そして、iPhoneアプリですが。
初めは「どんなアプリがあるのかな? 面白そうなのはどれかな?」とけっこう積極的に探していましたが、今じゃすっかり関心薄れています。
一通り揃えたら、なんかもう満足しちゃって。

ゲームったって、基本暇つぶし要因ですから、せいぜい2~3本あれば十分です。
基本ぼくは、暇な空き時間は読書(リアルブックで)しますし。
残りの時間をウェブに使って、さらにその残りでゲームとなると、ミニゲームっぽいものが2~3本あれば十分です。

エンターテインメント系のアプリも。
iPhone手に入れたばかりのころは、「まさにiPhoneっぽいアプリ」というものがすごく欲しくなるんですよね。
で、誰かに「見て見てー。iPhoneってこんなこともできるんだよ。面白いでしょ?」と自慢というか披露したくなる。
でも、それも一通り味わったら、満足して終わりです。
だいたい、ぼくにはそんなに「見て見てー」ってやる相手いないし。

実用系のアプリはアプリで、まだそこまでいろいろなことにiPhoneを活用しているわけでもないので。
いま使用している状況に役立つアプリを一通り揃えたら、特に新しい何かを探すことも無いですね。

といった感じで、熱は冷め、当たり前のものとして普通に便利に使っていますよ、と。
iPhone持って、ようやくなにか「モバイル」という世界に入ってこれた感じですね。
WILLCOMには、活躍の機会を与えてやれなくてすまんかった。
[PR]
by kude104 | 2009-09-10 19:42 | PC&ネット