世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アテンションとエコノミーの関係

アテンションとエコノミーの間 - アンカテ
「アテンションエコノミー」とは、アテンションとお金が連結されることではない。
「シェアできないもの」はお金(エコノミー)で回り、「シェアできるもの」はアテンションで回り、両者が無関係に並立することだ。
うーむ。
商品をお金に換えて、そのお金をまた商品に換えられることで、エコノミーシステムは回るのだろうと思います。
でも、アテンションシステムは、「情報」をアテンションに換えたら、それで終わりじゃないのかな。
それとも、なにか上手くすれば回せるんだろうか。

集めたアテンションを「情報」に換えるというのは、「情報」はシェアできるという前提ゆえに、成り立たないでしょう。
アテンションがなければ手に入らない「情報」というのは、シェアできない「情報」なので、エコノミーシステムに乗せることができます。

同様に、アテンションを何らかの方法でお金に換えるというのは、結局、アテンションをエコノミーシステムに乗せることなので、「アテンションとお金を切り離す」というここでの話に反します。

たとえば。
ある人の時間を1秒間消費させることを「1アテンションタイムの消費」とすれば、人は一日に活動時間分のアテンションタイムを生産していると考える事ができます。
そして、アテンションタイムの総量は一人当たりの活動時間×人口となり、アテンションシステムは、このアテンションタイムの資源配分システムになると考えられます。

エコノミーシステムでは、資源は究極的に食料だとすれば、それは生きるために必ず消費しなければならないものです。
必ず消費されるから、コストをかけて生産され、それによってエコノミーシステムが回ります。

一方、上記のアテンションタイムは、放っておいても自然と生産される一方で、必ず消費されなければならないものではありません。
ゆえに、そのままではアテンションシステムを回すエネルギーが湧きません。

このエネルギー。
エコノミーシステムに当てはめて考えるなら、アテンションシステムというのは、必ず生産されるアテンションタイムを、コストをかけて消費するのが正しい姿なのかもしれないですね。
(ここでのコストは、エコノミーシステム的なコストです)

もし、集めたアテンションを何も交換しないなら。
たとえば「名声欲を満たすため」など、自分で消費するためにアテンションを集めるのなら。
アテンションを集めるためのコスト(金銭的なことだけじゃなく、何かを作るための労力など)は、アテンションを自分で消費するために支払うコストと見なせましょう。
つまり、アテンションシステムでは、コストを支払ってアテンションを消費するのだ、と考えられます。

「情報」の消費者がコストを支払うのが旧来のエコノミーシステムなら、「情報」の提供者がコストを支払うのが来るべきアテンションシステムなのかもしれないですね。
無関係というより、ふたつは反転した関係になるのかもしれない。
[PR]
by kude104 | 2009-07-26 23:59 | 時事・社会