世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中と外

かみつく相手が違うのでは - Tech Mom from Silicon Valley

そもそも、「オープンソース的」という表現が摩擦の原因のようにも思えるのだけど、とりあえずそのへんは置いておくとして。
その中から誰かがちゃんとリーダーシップをとって組織化して動き出して
この一文を読んで、そうか、日本のウェブが海外から見て残念に映るのは、日本人のリーダーシップで組織化され、海外に知られているケースが少ないからじゃないだろうか・・・という視点が頭に浮かびました。

たとえば、ソフトウェアのオープンソース活動にしても、日本でももちろんけっこう盛んに行われているのですが、ただ、オープンソース活動を組織化して国際社会で存在感を示している日本人、という例で言えば、世間的な印象としては、あまりないように思います。
そもそも、オープンソース自体ほとんど知られていない中で、さらに日本人が・・・ってことですからね。

一方、オープンソース活動を行っているひとから見ると、当然、日本人もたくさんいるよ、と。

ただ、見ているものが違うのですね。
大げさに言うなら、外の人にとっては、日本人がいくらオープンソース活動を行ったところで、海外で評価されなきゃ知らないよ、と。
あるいは、いくら兵卒として活躍したとしても、評価されるのは率いている武将だけですよ、と。
これはまぁ、外からの評価としては、正しくはある。

一方、中の人からしてみれば、べつに外の人に評価されるためにコードを書いているわけじゃないので、「日本人のリーダーシップで組織化され、世界に知られているケースが少ない」と言われても、「だからなに? そんな暇があったらコード書くぜ」といった感じでしょう。
中の世界では十分評価されたり楽しかったり満足しているので、それだけで活動する理由としては十分なわけですから。

でも、そうすると、外の人には「国際社会で存在感のない日本のオープンソースは残念」と映るわけだけど、中の人にしてみれば、自分たちの活動を外野に残念呼ばわりされて気分悪いということになって、衝突する、と。

こうしたことは、きっと、オープンソースに限ったことではないでしょう。

中の人間がいくらがんばってよい成果を上げていたとしても、それが外の世界に知られていなければ、外の世界では評価されない。
一方、外の世界に伝わっていないからと言って、中の世界に何もないわけではない。

たとえば、テクニックとして、外から見て「残念」に思える時は、「良いものもあるのだろうけど、それが上手く外に伝わっていないのが残念だ」といったニュアンスで語れば、摩擦も少なくて済むのではないかと思います。
中の人も、外の人に正当に評価されていないと感じるときは、「中にある良いものを、上手く外に伝えられていないのではないか」というところに気をつければ、良いのではないでしょうか。

そうしたことを、日本の「オープンソース的なるもの」について考えれば、日本には、中の成果を上手く外に伝える役回りのひとがあまり目立たないのかもしれませんね。
オープンソース的に言えば、コーディネーターですか。

日本人は(と、てきとーな国民性論を語るならば)、なまじ能力がある分、有能な配下タイプに育ってしまって、君主タイプがなかなか育ちにくいところはあるのかもしれませんね。
劉邦がごとく、将に将たる能力に優れた人材は、なかなか現れにくい気がします。
なまじ能力があると、兵に将たる方向に進んじゃうのでね。

なので、マジメにオープンソースやってる人、あるいは社会的な仕組みさえ整えば自分もやってみたいと思っている人は、誰かに対してかみつくよりも、いいコーディネーターを探すと良いと思うな。
[PR]
by kude104 | 2009-06-20 13:23 | PC&ネット