世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

婚活サバイバル時代に突入か

不況影響…「婚活」新時代、キーワードは“共働き”(産経新聞) - Yahoo!ニュース

ふーむ、たしかに、婚活は女性のほうが大変そうだなぁという印象。

男性は、裏を返して言えば、カネさえ持っていれば結婚できそう。
その「カネさえ持っていれば」がすごく難しいというのはあるけれど、ステージクリアのための条件は分かりやすい。
年収600万くらいあれば結婚できる、なければ諦める、みたいな。

女性の場合は、年収が高ければ結婚できる、というものでもない。
ま、いずれは、「主夫ゲットだぜ」的な働く女性の結婚が珍しくなくなる時代も来るでしょうけど、まだ10年は先じゃないかな。
性格の良し悪しは、男性だろうと女性だろうと、「婚活」ではアドバンテージにならないし。
となると、やはり、女性の武器は「美貌と若さ」ということになるでしょうね。
ってことは、女性の「婚活」は20代のうちが勝負ってことになっちゃう。

20代のうちから婚活市場に参戦して、稼ぎの良い男を探し、あの手この手でアプローチをかけ、ライバルたちを蹴落としつつ、ものにする。
稀少価値の高い「裕福な男性」を戦略的にゲットしようと思ったら、女性はますます「肉食化」して行かざるを得ないよなぁ。
下手をすれば、高校卒業くらいで婚活市場に参戦するのが、最強戦略かもしれない。
婚活する30代40代といった女性たちは、そうしたライバルたちと戦っていかなければならないのだから大変だ。

男性の場合は、言うなれば、仕事のことだけ考えていれば結婚も付いてくる(要するに、年収を上げればよい)けど、女性の場合、仕事と結婚が別だからなぁ。
仕事は仕事で、今の社会じゃ男性並みに出世するのもなかなか大変だろうし、結婚は結婚で、結局「若さと美貌」が決め手なら努力のし甲斐も難しい。

恋愛結婚と婚活市場で需要の高い人以外は、もはや結婚しない・できない時代になったのではなかろうか、と思います。
あとは、試験管ベイビー的な、結婚しなくても子供持てます的なシステムが整えば、苦労して妥協してそれでも結婚する意味合いってあるのかなぁという気がしますね。
[PR]
by kude104 | 2009-06-16 17:25 | 時事・社会