世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

扇動者が先導者になってしまう不幸

日本のWebは「残念」 梅田望夫さんに聞く(前編) (1/3) - ITmedia News
Web、はてな、将棋への思い 梅田望夫さんに聞く(後編) (1/3) - ITmedia News

梅田さんにしてみれば、正直もう「『ウェブ進化論』のことはええやろ」という気分じゃないでしょうか。
未だに、なにかにつけて「ウェブ進化論」についての発言を求められる様は、正直気の毒にさえ感じます。
これはもう、呪縛と言っていいかもしれないね。

つくづく思うのは、梅田さんはやっぱりコンサルタントなんだなぁということ。
これがプログラマーであったり、起業家もしくは企業家であれば、「俺が実現させてやる!」ということになるのだろうけど。
コンサルタントだから。
分析して、それに基づいた助言をするところまでがコンサルタントの役割で。
実行するは企業家の仕事だから。
実現しなくてもしょうがないよね、残念だけど──といった感じを受けます。

別に梅田さんのそうした態度というか性質を非難したいのではなく。
本来コンサルタントであるはずの梅田さんに、間違って先導者的なイメージを抱かせてしまったところに『ウェブ進化論』の呪縛があるのではないかと思うのです。

おそらく。
いつも仕事で使っているであろうクライアントを扇動するときに使うコンサルタントのテクニックを、図らずも、不特定多数の大衆に向けて使ってしまったためではないだろうか、と。
クライアントという特定の個人に対してならば、扇動は直接届くので、行動の主体はクライアントとして発動するけれど。
不特定多数の場合はそうはいかなくて。
中に迷える子羊が交じっていたりすると、「この人についていけば自分は救われるに違いない」という具合に、扇動じゃなくて救済の言葉として発動しちゃうケースがある。
行動の主体が、聞き手じゃなく、扇動者自身として発動してしまうケースが。
大衆を扇動して革命を起こさせようと思っていたら、みんな自分の後ろに並んでいた──みたいな。

「はてな」の取締役になられたのも、そうした誤解に拍車をかけているように思います。

梅田さんとしては、あくまでコンサルタントとして「はてな」に身を置いていらっしゃるのでしょう。
もし梅田さんが「はてな」の運営に実効的な影響力を発揮していらっしゃるのであれば、「はてなが日本のウェブを良くします」といった発言になるであろうと思うのです。
「時間はかかるけれど、いずれかならず良くしてみせます」と。
でも、そうじゃない。
梅田さんはたぶんアドバイザー的なポジションで、「はてな」の具体的な舵とりにはかかわっていらっしゃらないのではないかと思います。

でも、外からはそうは見えませんよね。
『ウェブ進化論』を書いて、「はてな」の取締役になったら、そりゃ「梅田さんが導いてくれる」と思う人がいても不思議はない。

そいうひとたちが梅田さんの背中に張り付いている間は、梅田さんは『ウェブ進化論』の呪縛から逃れられないのだろうなぁと思う次第です。
[PR]
by kude104 | 2009-06-03 23:30 | PC&ネット