世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

民主党嫌いの正体は、アンチマスコミなのでは?

民主党嫌いの正体: 大石英司の代替空港

ぼくの印象としては、ネット上の「民主党嫌い」のベースは、アンチマスコミにあるのではないかという気がします。
もしマスコミがこぞって自民党支持の論調を展開すれば、今度は逆に反自民が増えるだろう、と。

というのも、ネット上で何事か意見を発しようという場合、「私もそう思う」という賛成意見より、「私はそうは思わない」という反対意見のほうが書きたくなるから。
賛成意見というのは、たいてい「私もそう思う」という一言で済んでしまうので、わざわざ書くほどじゃないなと思ってしまうのに対して、反対意見というのは、「それは違う。なぜなら──」と書き甲斐があります。

政治の話題というのは、新聞やテレビなど、マスコミの発信する情報をネタ元とするケースが多い。
そのネタ元が民主党寄りなら、対するネットは反民主に傾く・・・と、まずはそうした理由が考えられるのではないでしょうか。

だいたい、マスコミの論調に敢然と異を唱えるというのは、正直、気持ちがいい。
マスコミの嘘を暴く、マスコミの無能を世に知らしめる──みたいなことは、やっぱりわくわくしますよね。
知的興奮はもとより、ある種の正義感や使命感のようなものが満たされますし。

マスコミに政府批判が多いのも、ネットにマスコミ批判が多いのも、マスコミのネタ元が政府なのに対して、ネットのネタ元がマスコミなだけで、構図としては同じなんじゃないかなぁ。
ぼくは単にそういうレベルの話だと思っています。


付け加えるなら、民主党が「お粗末」というのも、もちろんあるでしょうね。
上の理由に加えて、民主党自体がネタの宝庫というか、いじり甲斐があるというか。

民主党という組織は、政治的な能力もそれはそれとして、イメージ戦略に関してまるでセンスがないように感じてしまいます。
ネット、民主、イメージ戦略といえば思い出すのは、ニコニコ動画。
小沢さんや鳩山さんが出てきて炎上して評判下げて、いったいなにがしたかったんだ、と。
無垢といえば無垢なのかもしれませんが・・・。
[PR]
by kude104 | 2009-05-19 22:14 | PC&ネット