世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

日本のドラマの作り手たちは、ドラマを作っているのだ

日本のドラマの作り手たちは一体何をやっているのか!(インフォシークニュース:ゲンダイネット)

ゲンダイネットって、毎回やたらと煽り記事を書くなぁという印象があるので、まともに取り上げるのもカッコ悪い気もしますが。

冬ソナブーム、韓流ブームもどうかと思いますが、それらに対するこの手の "アンチ" もどうかと思う気持ちが前々からけっこうあったので、この機会にちょっと書いておこうかと。

「韓国ドラマが面白い」といいますが、そりゃ、韓国で作られているたくさんのドラマの中から面白いものをチョイスして持ってきているんですから、面白いだろうさ。
そこでなんで、日本ドラマと比べて「忸怩たる思い」になるのか分からない。

日本ドラマに対する愛の裏返しなのかもしれないけど、「お前、別にそんなにドラマファンとかでもねーだろ」とか思うわけで。
少なくとも、ゲンダイネットの記者は違うと思うなー。

日本のドラマが最近どんどんツマらなくなっているというのも、もしかしたら昔から同じくらいツマらなかったかも知れないですよね。
昔のドラマは面白かったと思うのは、面白かったドラマだけ記憶しているから・・・というのが、正しいのではないかと思うわけです。

ドラマなんてものは、内容の良し悪しもさることながら、それをネタに友達や同僚などと会話ができるかどうかのほうが重要なんじゃないでしょうか。
サラリーマンにとってのスポーツが主婦にとってのドラマ、みたいな感じかなと思います。

ま、ぼくの場合、ドラマは現在、NHKの朝ドラと大河ドラマしか見てないので、正直、どーでもいいっちゃあどーでもいい話です。
「韓流」についても、つい先日まで、「かんりゅう」と読んでいたくらいだし。
[PR]
by kude104 | 2004-11-21 16:36 | テレビ