世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

心よりお悔やみとご冥福を・・・

奈良・女児殺害、市内で不審者情報44件も(YOMIURI ON-LINE)

久々に気の滅入る事件で。
もちろん世間にはきっと同じような不幸が溢れていて、これだけが特別というわけでもないんでしょうけど、それでもやはり7歳の女の子が異常者に殺されたとなると、ちょっと「あ、そう」で片付けるわけにもいかないニュースです。

こういった変質的な事件というのは、おそらく予兆があるに違いない思うんですよね。
いきなり攫ってどうのこうのという前に、「声をかける」とか「抱きつく」とか、そういうところから味をしめて徐々にエスカレートしていくもんだろうと思います。

リンク先の記事にある「不審者情報44件」のすべてがその "予兆" でないとしても、中にきっと今回の事件の犯人がいるだろうという気がします。

だから、どうにかして予兆の段階で芽を摘めないものかと思うのです。
「声をかける」「抱きつく」レベルの段階で異常者を捕まえて、なにかしら「メキッ」と抑止圧力をかけることで、今回のような事件はかなり防げるのではないでしょうか。

そういったことを考えると、こういう試みとかイイですね。
不審者情報をメール配信 亀岡市教委、2小学校で試行へ(Yahoo!ニュース:京都新聞)
警戒されているとなると、異常者も心理的に犯行を行い難くなるでしょうし、そこそこ有効だろうと思います。

あとはやはり人通りのあるなしが重要な抑止要因となるでしょうから、人通りの少ないところは、閑な老人にウロウロさせるとかどうですかね。
「地域パトロール」みたいな役割ができれば、老人の皆さんだって嬉しいでしょ。

こういうのはやはり地域ぐるみで取り組むことが大切だろうと思いますし、そもそも、個人レベルでなんとかするのは難しいですから。
[PR]
by kude104 | 2004-11-19 19:03 | 時事・社会