世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

鉄人兵団をリメイクするなら その5

前回の続き。

ジュドが鏡面世界の出入り口を無理やり広げようとして大爆発するくだりをどうしようか悩みましたが、あまりよい代替案は浮かびませんでした。
とりあえず、しずかがリルルの看病をするシーンは必須なので、リルルは負傷しなければならない。
しかし、のび太たちがリルルに危害を加えるわけにはいかないから、負傷は事故によるものとするのが望ましい。
となると、やはり「出入り口を無理やり広げようとして大爆発」とするのが、流れ的に無難かな、と。

ただ、出入り口である湖は無理やり広げずとも十分広いので、一工夫しておこう。
湖への逃げ道を先回りで塞がれたのび太とドラえもんは、「おざしきつり堀」なり何か別の水面なりを出入り口に変えて脱出──としておけば、「そこをジュドが無理やり広げようとして」につながりますよね。
このときついでに「鏡面世界の出入り口は閉じられない」という設定についても説明しておくと良いでしょう(つまり、爆発で出入り口は閉じない)。

他、変更点としては、ジュドの頭脳を改造して仲間に加えるくだりが無くなるので、かわりに大爆発の後、ジュドはのび太たちに捕獲されることにしましょう。
のび太たちとしては、ジュドはまだ敵側ですので放置しておくわけにはいかず、かといって破壊するのも心情的にできないでしょう。
捕獲しておくのが一番です。
リルル同様、一部故障しており、それを修理するためという理由でもいいですね。
巨大ロボの状態では捕獲するのも大変ですから、球体(頭脳)だけを取り出して捕獲する形がよいかと思います。
スモールライトで小さくして・・・というのは、絵的に面白くないですし。

これで、しずかの看病を受けるリルルとそれを見ているジュド、という図式を作ることができ、リルルはもちろんジュドにも「人間の優しさ」を知る機会が得られます。
むしろ、看病されるリルルよりも、その様子をずっと見ているジュドのほうが、より詳しく知ることができるかもしれませんね。

このあとリルルが逃亡するとき、ジュドも一緒に連れて行きます。
リルルは司令官に計画中止を訴えて捉えられ、一方ジュドは「お前ははやく身体に戻れ」ということで、再び巨大ロボに戻ります。

そしていよいよ湖での最終決戦。
メカトピア軍を迎え撃つのび太たちですが、せっかく倒したロボットも仲間のロボットたちに回収され、修理されて再び現れるというふうにしましょう。
「もっと木っ端みじんにする道具ないの!?」
「無茶言うな、ぼくは子守ロボットだぞ!」
みたいなやりとりを入れておくことで、ドラえもんの道具が兵器ではないことを示しておくと良いのではないでしょうか。

そんなふうにアップアップしているところに、いよいよジュドが現れます。
「やっぱり敵として現れたか! でも、あんな巨大ロボに勝ち目ないよ・・・」と思ったら、なんとジュドがのび太たちの味方になって戦ってくれる!という展開は、べただけどアツいんじゃないかな。
ジュドには、これまでのうっ憤を晴らすがごとく、巨大ロボ状態で思いっきり暴れていただきましょう。

──と駆け足ですが、ようやくここまで漕ぎ着けて。
次回はいよいよラストです。
鉄人兵団最大のツッコミポイントである「過去の作り変え」について、乞うご期待。
[PR]
by kude104 | 2009-04-03 22:20 | 映画