世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

鉄人兵団をリメイクするなら その4

前回の続き。
のび太、しずか、ドラえもん、リルル、ジュド(球体)でジュドの身体を組み立てるという展開で。

パーツの組み立てが完成するまでに、物語内時間でだいたい1週間くらいでしょうか。
その間、当然「今日はもう遅いから家に帰って、作業はまた明日」ということになります。
でも、リルルたちには帰宅するべき家がありません。

のび太「あれ、キミたちは家に帰らないの?」
リルル「ワタシの家は遠いから」
のび太「そうか、外国から来ているんだもんね(のび太はリルルを外国人だと思っている)」
しずか「じゃあ、ごはんやお風呂はどうするの?」
リルル「(鏡面世界の)そのへんの家を使うわ」
しずか「それじゃさびしいでしょ。そうだ、私のうちにいらっしゃいよ」

リルルとしても、人間社会を詳しく調査できるし、のび太たちが秘密を漏らさないか見張るためにも好都合です。
そこで、リルルはしずかの家に、ジュドはのび太の家にて、パーツ完成まで一緒に暮らします。

パーツを組み立てるだけじゃなく、一緒に生活もすることで、彼らの親密感はより一層深まることでしょう。
のび太たちと共に過ごす時間を長くとればとるほど、リルルの変化もより説得力を持つし、観客たちもリルルに深く感情移入し、ラストの別れがより一層ドラマチックになるというものです。

また、鉄人兵団と言えばリルルとしずかの交流の物語でもあるのだけれど、オリジナルでは親しくなる前に別れが来てしまい、一緒に過ごす時間はそれほど長くありません。
だからせめてリメイク版では、彼女たちが仲良く過ごすことのできる時間を作ってあげたいというファン心でもありますね。
リルルとしずかが一緒にお風呂に入るサービスショットも、ぜひ用意してあげたいものです(全国の男子に)。
尺に余裕があれば、しずかのパパとママがリルルに暖かく接するシーンを入れておくと、さらに効果的かと思います。

そうした時間も、組み立てが完成することで終わります。
完成して、とりあえずは巨大ロボとなったジュドのお披露目(空を飛んだりとか)をひととおり済ませた後、リルルとジュドはいよいよ基地の建設を開始します。
名目は、ジュドのための基地とかなんとか。

ジュドのビームで鏡面世界のビルを次々と破壊し基地の建設を始めるわけですが、のび太たちからしてみれば、いくら鏡面世界とはいえ、自分たちの町をドカドカ破壊されて平静ではいられないでしょう。
友だちがいきなり豹変するというか、「○○ってこんなやつだったんだ。思っていたのとは違うぞ」というときの居心地の悪い感じ、皆さんにも経験あるんじゃないでしょうか。

そんな感じで、のび太たちはリルルたちに近寄りがたいものを感じ、以後、鏡面世界から足が遠のいてしまいます。
しばらくして、「そういえば、リルルたちどうしているだろう」とふと気になったのび太が、久しぶりに鏡面世界を訪れてみると──オリジナルの、のび太がふたたび鏡面世界を訪れたら、ロボットがわらわらいて町がSFみたいになっていたというシーンに繋がります。

ちなみに、この展開だと、巨大ロボに「ザンダクロス」と名付ける機会がないのが残念です。
せっかくだから、この名前は使いたいんだけどなぁ。
強いて考えれば、巨大ロボとなったジュドに、のび太が勝手に「ザンダクロス」と名付けちゃうとかかなぁ。

続く。
[PR]
by kude104 | 2009-03-29 23:59 | 映画