世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ビジネスと文化

最近の若者は日本の文化を殺そうとしているのではないか

ビジネスと文化の話は、分けて考えたほうが良いのではないかと思う。
文化にお金を払うということと、商品に対価を払うこととは違う。
個人的には、商品に文化的価値を訴えてお金を払ってもらうようになったら、ビジネスとしてお仕舞いだと思う。
そうなってしまった「文化」は、伝統芸能みたく、国からお金を貰ったり有志の保存会で保存に努めたりして存続させるしかないだろうな。

「音楽はタダでいい」というのは、ビジネスの枠組みで考えるなら、要するに「胡椒一粒に黄金一粒の価値はなくなった」ということだろうと思う。
昔は胡椒はなかなか手に入らない貴重品だったので高い値がついたけど、技術の発達により容易に手に入るようになって稀少性が失われてしまった、と。
あるいは、「塩の専売」のたとえのほうがいいかな。

要するに、技術的進歩により、音楽をCD等にパッケージングして販売するという商売が時代遅れになってしまったということだ。
音楽の、たとえばアルバム1枚3000円という値段設定は、インターネット以前のCDによる供給ということでの価格設定である。
決して、それが音楽そのものの価値というわけではない。
大航海時代に船で胡椒を運んでいた価格設定のまま、今の時代に据え置きでいられるはずがないのと同じことだ。

「違法コピー許すまじ」というのは、それはそれで正しいと思う。
いくら胡椒の価値が下がっているとはいえ、海賊行為で積み荷を奪ってよいわけではないからね。
が、その一方で、もはや「胡椒一粒、黄金一粒」の時代ではなくなったことも認めねばなるまい。

だから、もしまだ音楽をビジネスとして残したいならば、考えるべきはCDに代わる音楽の新たな商品化のアイデアだろう。
しかしながら、おそらくは、ビジネスとしての音楽は縮小せざるを得ないだろうなぁ。
でも、それで音楽文化が死ぬとは思わないけどね。
今までの音楽ビジネスが過剰だったのだと思う。

少なくとも、いつの時代も、消費者は文化的価値を鑑みてお金を払ってくれるわけではないと思う。
そんなものはあてにしちゃいけない。
[PR]
by kude104 | 2009-03-09 23:59