世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

続・RPGとは?

今日はこれといってネタが思い浮かばないので、以前書きかけの「RPGとは?」の続きでも。

ここでは、「RPGとは、アドベンチャーゲーム(ADV)の進化形である」と結論付けたいわけですが、そこで手っ取り早く、「RPGとADVの違いってなに?」を考えてみましょう。

ちなみに、ADVと聞いて「かまいたちの夜」のようなノベル形式のものを思い浮かべる人もいるでしょうが、ここで言うADVとは「ポートピア連続殺人事件」とか「ふぁみこん昔話 新・鬼ヶ島」とか、ああいったコマンド選択形式のものをイメージしています。
RPGの場合は特にイメージのズレはないと思いますが、まぁ「ドラクエI」程度を思い描いて下さい。

さて、両者の違いを考える上で一番分かり易い方法として、まずは「ADVをRPGのシステムで作れるか?」を考えてみましょう。
これは、RPGツクール作品を作る・遊ぶ人なら体験として分かるんじゃないかと思いますが、まず問題なく作れるでしょう。

ADVの基本コマンドである「はなす」「しらべる」「つかう」「いどう」といったものは、RPGの基本的なシステムで表現可能です。
加えて、ADVのゲーム性といえば、これらのコマンドを駆使して決められた "条件" を満たしストーリーを進めるといったものです。
いわゆる、「フラグ立て」というやつですね。
このゲーム性も、RPGの基本的なシステムで表現可能です。

RPGのシステムでADVが作れるなら、「RPG > ADV」と言えそうな気がしてきますよね。
ただし、この段階ではまだ「RPG = ADV」という結論も導けます。
そこで今度は逆のケース、「RPGをADVのシステムで作れるか?」を考えてみましょう。

まず、フィールドマップをADVで表現するのは難しそうです。
これをしようと思ったら、ADVのシステムを拡張して「フィールドマップ移動機能」を付け加える必要があるでしょう。
そうなるとちょっと「ADVのシステム」とは呼びづらい。

「基本的なADVのシステムでは表現できないRPGがある」ことで、即「ADV < RPG」と言ってもいいんですが、フィールドマップがRPGの主要要素かといえばそんなこともないわけで。

フィールドマップのないRPGだってもちろんあります。
具体例が思い浮かばないんですが、ワールドマップから行き先を選んで決定とすると、即その場所へ移動できるというシステムのRPG、ありますよね。
これならADVのシステムでも表現可能です。

さすがに、ダンジョンでこのシステムを採用しているRPGは知りませんが、理屈では同じように、ダンジョンのポイントポイントで「どっちに進むか?」を選択肢として選ばせることで、ADVのシステムで表現できます。

こういった「フィールドマップのないRPG」もれっきとしたRPGとして認識されますし、それがADVのシステムで表現可能ならば、ジャンルとしての本質の部分、ゲーム性の部分で「ADV < RPG」とは言えないでしょう。

その一方で、ADVではフィールドマップは表現出来ない、言い返れば、「表現する必要がない」ことは、両者の違いを考える上で注目すべき点だろうと思います。

・・・といったあたりで、今回は分量的に十分かなと。
また結論まで至りませんでしたねぇ。
でも、これがあるとネタがない時に便利でいいや。
[PR]
by kude104 | 2004-11-17 21:15 | ゲーム